08/02のツイートまとめ

majikanakajima

性格の健全度は、自己イメージと実際行動の一致が一つの目安となります。私たちは意外と実際の自分よりも高い自己イメージを持っているものです。自己評価に実際行動が伴っていなければ、他人はその人の実際行動の方を見ているので、自分が思っているような(心地よい?)フィードバックが得られない。
08-02 12:30

そこで自我が「自分はこういう人物なんだ」と押し付けてくる。と、他人は反発するかもしれない。カリスマ性のある人の中には、あまり健全でなくても人を魅了する人がいるので、その人の自己イメージにからめとられてしまう人もいますね。うまい話をして人をだます〇〇サギのような人たちです。
08-02 12:32

自己イメージと実際行動の一致は、言っていることと行動ないしその人の現実が一致しているということですが、極端な話「自分は人を殺す」と宣言し、殺人を起こせば健全かというとまったくそうではない。この間、まれにみる大量殺人事件がありましたが、被疑者は「価値のない人間を殺した」と主張。
08-02 12:34

では、被疑者自身は自分をどう見ているのか? ですよね。彼が「生きる価値がない」と判定した人々より、自分は「価値ある人間」だとどうして言えるのか?何を判断の基準としているのか。「生きる価値」は誰が決めるのか? もし健全な方向に向かっている人なら、問い続けると答えは出ない。
08-02 12:37

そして、悩むのは自分自身であり続ける。そして、生きる価値について問う自分自身の無価値観にさいなまれるかもしれない。人の能力の小ささ、はかなさに気付くかもしれない。そこに自己を超えたものを感じるのではないだろうか。自己を超えた宇宙や神的なもののもとで、自己のみじめさに立ち返る。
08-02 12:40

人類はそうして、意識の覚醒の第一段階を経たはず。(第一段階だったかどうかはわからないけど)。自我のおごりは精神的退化の道につながるのでしょう。話が大きくなってしまった。自己の健全度を高めるには、まずは自己観察。観想。自我の囚われに駆り立てられないよう、自分を緩める。
08-02 12:42

自分自身の内面のもっとも不健全な姿に気づく。よい友を得る。よい仲間とまじわる。その、「よい」とは比較的健全な人々との交わり。それをどうやって見分けるか? そのまま受け止めてくれる。その人たちといて、不安感や不快感を感じない。身体的緊張を感じずにその場にいられる。・・・
08-02 12:45

言葉にしようとするとむずかしいね。
08-02 12:45

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

majikanakajima

Author:majikanakajima
やっとみつけた本当のわたし。自分探しはもうおしまい。ずっとまえからここにいる。わたしの名はメランコリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR