夏の記憶


ありもしなかった日の

記憶にいざなわれて、

淡い郷愁にひたる夏

低くクラッシックの流れる喫茶店の

かすかに夕日の匂いのする

窓際の小さな席で

古書店で買ってきた難解な

哲学の本を広げている。

本の中の思想は苦々しく

ペシミスティックな様相を帯び

胃のあたりから体が二つ折れになって

ふさぎ込んでいきそうな気怠さ。

二杯目のコーヒーが苦さを

増してきたように思えて

白い砂糖を加える

それはなにか毒のような気がして

これで終わるのかと覚悟を決めるが

何も起こりはしない。

わたしは哲学書を閉じて

一緒に買ってきた別の本を開く。

時空を超えた物語が展開する

サイエンスフィクション、

かつてその世界を体験したことがあるような

既読感というよりは、既視感。

宇宙というイメージが

頭の中に涼やかな風を運んできて

コーヒーカップの横に置かれた

ウオーターグラスのなかで

まろやかに溶ける氷の音。

私は宇宙の彼方を旅しながら

「いまここ」を離れて

過去か未来か、永遠のかなたに浮遊する。

それはありもしなかった記憶ではなく

確かにありえたあの日の記憶。

ずっと前からそこにいた

ひとりでに卵からかえった鳥のように

自分の殻だけが割れ残る

誰もいない巣の中で

このままぬくぬくと過ごすことができれば

存在というものはただの夢見。

あの難解な哲学書を書こうと試みたのは

わたしではなかったのか。

自分の思考についてゆけず

途中で投げ出し

この世界を空想で彩った

奇妙なサイエンスフィクション。

かつてあった日の記憶は

ありもしなかったあの日の記憶と

寸分 違うこともない。

夏よ、終われ。

IMG_4279.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

多分、この世界には実在するものは何一つ無いだろうと思います。
人が見ているものは、単なる波動=Waveであり、時間単位の波のうねりでしょうね。
小さな虫から人、山や海から星に至るまで、個々の波の大きさに違いはあっても、同じ様に変化してやがて消えます。
人は、その波の一瞬一瞬を見て「そこにある」と錯覚しているだけではないでしょうか?
プロフィール

majikanakajima

Author:majikanakajima
やっとみつけた本当のわたし。自分探しはもうおしまい。ずっとまえからここにいる。わたしの名はメランコリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

そらのごきげん -想天流転-

ビーチサイドの人魚姫

月とあをさぎ

オムライスのある風景

夢想家ぼけみあんの独り言

全日本丸顔協会

より幸せになる為に
最新トラックバック
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR