青い花 誕生日の夢

バースデー特典の

ポイント加算を知らせる

D M

一面に敷きつめられた

青いバラの

青がにじんで

夢の中の海。

さっきまで凪いでいた

引き潮の浜辺に

上げ潮がやってきて

もうすぐわたしも

曳かれていく。

   *

浜辺を見下ろす

民家の軒先に

顔のない恋人が

やさしくたたずむ

わたしは恋人の胸に

頬をうずめ

顔のないやさしさに

浸る。

   *

そこは古い機械の町で

とうに錆びれていて

赤いペンキの文字の

看板がよれて

剥がれかけている

偏屈な映写技師が

自分で撮った

こだわりの映画を

狭い小屋のスクリーンに

上映し続けているが

観客は誰もいない。

わたしはただの

通りすがり。

   *

その町を過ぎれば

崩れかけた山の上に

春の草々が芽吹き

DMのバラではなく

本物の青い花が

咲いている。

その花はあまりにも

小さくて

誰の目にも留まらない

小さな青い花

過ぎゆく春の

夢の中に咲く。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

sado joさん

いつもありがとうございます。

ご紹介いただいた歌人の方のサイト拝読いたしました。

鋭く胸を打たれますね。

No title

記事のコメントとは直接関係なくて、申し訳ないんですが、今日は一人の文人をご紹介いたします^^
世の中には、どんなに理不尽で、不条理な条件の下に置かれても輝く人もいます^^
「セーラー服の歌人 鳥居さん」…下に紹介しますので、一度ご覧になって下さい。

http://www.futoko.org/news/page0201-3239.html

自分も、茨を切り開いて生きて来たつもりでしたが、まだまだ半人前だなと思いました。
今時の人で、地獄の中を這いずり回って生きて来た人は少ないです。
すさまじいばかりの生き方には、感動すら覚えると思います^^

Re: 記憶の欠片

sado joさん、いつもありがとうございます。

まだ、見たことないです。ツタヤ宅配で借りてみます。

幻の書架といえば、スペインの作家、カルロス・サフォンの『天使のゲーム』が好きです。

どこか、せつなく。

記憶の欠片

場末の映画館のスクリーンに映し出された懐かしい風景。

月は静かに記す 誰にも分からぬ文字で…
星は静かに語る 誰にも分からぬ言葉で…

そんな記憶の欠片…あれっ?これは何処かで聞いた詩だったかな?(笑)
プロフィール

majikanakajima

Author:majikanakajima
やっとみつけた本当のわたし。自分探しはもうおしまい。ずっとまえからここにいる。わたしの名はメランコリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

そらのごきげん -想天流転-

ビーチサイドの人魚姫

月とあをさぎ

オムライスのある風景

夢想家ぼけみあんの独り言

全日本丸顔協会

より幸せになる為に
最新トラックバック
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR