夏の記憶


ありもしなかった日の

記憶にいざなわれて、

淡い郷愁にひたる夏

低くクラッシックの流れる喫茶店の

かすかに夕日の匂いのする

窓際の小さな席で

古書店で買ってきた難解な

哲学の本を広げている。

本の中の思想は苦々しく

ペシミスティックな様相を帯び

胃のあたりから体が二つ折れになって

ふさぎ込んでいきそうな気怠さ。

二杯目のコーヒーが苦さを

増してきたように思えて

白い砂糖を加える

それはなにか毒のような気がして

これで終わるのかと覚悟を決めるが

何も起こりはしない。

わたしは哲学書を閉じて

一緒に買ってきた別の本を開く。

時空を超えた物語が展開する

サイエンスフィクション、

かつてその世界を体験したことがあるような

既読感というよりは、既視感。

宇宙というイメージが

頭の中に涼やかな風を運んできて

コーヒーカップの横に置かれた

ウオーターグラスのなかで

まろやかに溶ける氷の音。

私は宇宙の彼方を旅しながら

「いまここ」を離れて

過去か未来か、永遠のかなたに浮遊する。

それはありもしなかった記憶ではなく

確かにありえたあの日の記憶。

ずっと前からそこにいた

ひとりでに卵からかえった鳥のように

自分の殻だけが割れ残る

誰もいない巣の中で

このままぬくぬくと過ごすことができれば

存在というものはただの夢見。

あの難解な哲学書を書こうと試みたのは

わたしではなかったのか。

自分の思考についてゆけず

途中で投げ出し

この世界を空想で彩った

奇妙なサイエンスフィクション。

かつてあった日の記憶は

ありもしなかったあの日の記憶と

寸分 違うこともない。

夏よ、終われ。

IMG_4279.jpg

関連記事

5月のゆううつ サトゥリヌスの季節

ジャスミンの香りを漂わせながら

サトゥリヌスの季節がやってきた。

空には鉛色の雲が広がり

胸の奥まで深く垂れ込める。

遠くで誰かがトランペットを吹き鳴らす

もうすぐ 世界の終りがやってくる。

季節は巡り、巡り巡って

ジャスミンの香りを漂わせながら

今年もサトゥリヌスの季節がやってきた。

垂れ込める雲の下から

泥のような後悔が滴り落ち

体内のあらゆる臓器を黒く染める。

ジャスミンの香りを漂わせながら

サトゥリヌスの季節がやってきた。

もうすぐ 世界の終りがやってくる。

「世界とは、私の世界のことである」

「世界の終わりとは、私の世界の終わりである」

いかなる論理によっても克服できぬ

サトゥリヌスの季節がやってきた。

トランペットにまじってかすかな雷鳴が聞こえる。

垂れ込める雲はやがてその重圧に耐えかねて

生暖かい雨となって地上に落ちる

ジャスミンの白い花弁を赤茶けたぼろきれに変えながら。

遠のく雷鳴とともにサトゥリヌスは去っていく

やがてトランペットの音も消える。

世界の終りはどこへ行ったのか

底知れぬゆううつだけがあとに残った。

ivy.jpg



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

青い花 誕生日の夢

バースデー特典の

ポイント加算を知らせる

D M

一面に敷きつめられた

青いバラの

青がにじんで

夢の中の海。

さっきまで凪いでいた

引き潮の浜辺に

上げ潮がやってきて

もうすぐわたしも

曳かれていく。

   *

浜辺を見下ろす

民家の軒先に

顔のない恋人が

やさしくたたずむ

わたしは恋人の胸に

頬をうずめ

顔のないやさしさに

浸る。

   *

そこは古い機械の町で

とうに錆びれていて

赤いペンキの文字の

看板がよれて

剥がれかけている

偏屈な映写技師が

自分で撮った

こだわりの映画を

狭い小屋のスクリーンに

上映し続けているが

観客は誰もいない。

わたしはただの

通りすがり。

   *

その町を過ぎれば

崩れかけた山の上に

春の草々が芽吹き

DMのバラではなく

本物の青い花が

咲いている。

その花はあまりにも

小さくて

誰の目にも留まらない

小さな青い花

過ぎゆく春の

夢の中に咲く。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

運命の女神

運命の女神は、前髪しかないという。

その前髪をつかんだなら、

人は幸運を手にすることができるという。

だとしても 私は

その前髪をつかむことができない。

もし、その前髪をつかんだなら、

後ろ髪のないのっぺりとした後頭部と

白いうなじが見えそうで、こわい。

つかめるぐらいの長さの前髪なら

女神の顔は隠れて見えないのだろう。

もしその前髪をつかんだなら、

ぐっと顔をあげた女神は、赤い口は開けて

にやっと笑いかけるかもしれない。

その笑いが、わたしには、こわい。

運命の女神は、前髪しかないという。

その前髪をつかんだなら、

人は幸運を手にすることができるという。

だとしても 私は

その前髪をつかむことができない。

女神の姿は、あまりにも不気味で

私はその正体を見たくない気がする。
関連記事

冬枯れのとき

希望を持つには遅すぎる

絶望するには早すぎる

これからいったい

どこへ行くのか

足元の道はかき消され

どこにも繋がっていないよう

寒空にひとり残されて

ただ枯れ草の上に落ちた

わずかばかりのひだまりの

においだけが懐かしく

乾いた心を慰める

とはいえ、これからいったい

どこへ行くのか

道は見えない

希望を持つには遅すぎる

絶望するには早すぎる

冬の日差しは動かない。


huyu.png



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

懐疑。クライシス。


凍えるような風が吹き
空虚な気づきが押し寄せてくる。

神は確かに存在すると
信ずるよりも感じてきたが、

神は人の幸不幸になど
何の関心も払っていなかったのだ。

あたかも奇跡と思われたことは
神の慈悲ではなくただ時の偶然。

聞き届けられたと思った祈りは
瞬間のひずみ。

瞬く間に無に帰す。

短くはかない人の生命になど
どうして関心を払わなければならぬのか?

神は気まぐれですらなく
神を信じて愛を施した聖女がもっとも恐れた
「無関心」を突きつけてくる。

魚は運悪く網にかかり、
鳥は罠にかかる。

そして希望は打ち砕かれる。

血の涙を流しても神は答えない


沈黙でさえ
呼びかけとまごうほどに

気配なく
神の無関心はかくもむなしい。
関連記事

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

holly night3
関連記事

待降節の渇き

クリスマスイルミネーションの残滓が

冬の嵐の季節を逆戻りしたかのような

生暖かい風に吹き付けられ

ひび割れた石壁の間に吹きだまる。

石壁に囲まれた古家は落ち葉に覆われ

枯葉とともに朽ちていく。

濡れた枯葉もかさかさと渇ききるほどに

古家に引きこもるわたしのこころは渇く。

やがてその渇きは枯葉とともに

ぼろぼろとこぼれて塵のようにくだけ

一陣の風に吹き飛ばされるだろう。

かつては孤独ですら湿り気を帯び

その先にはかすかにまだ見ぬ夢の

予感のようなものが感じられもしたが

渇きはわずかな期待をすらも干上らせた。

もっとも、恐ろしい死は渇きによる死だという

一滴の水もなく石壁の牢獄に閉じ込められる

この渇きは、魂を潤す水のない渇きか。

いつからわたしはこのような牢獄に

閉じ込められてしまったのか。


rousoku.jpg
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

さらに深まる秋のゆううつ

降る雨に深まる秋の匂いは茶色くて

アスファルトにへばりつく濡れ葉の破れ目に

なお枯れ残る自意識の湿ったゆううつ。

実りなく失うもなく暮れてゆく黄昏どき

野ねずみの棲家のごとき庵にくぐもる。

枯葉
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

暮れゆく秋の想い

うしろにうしろに引き戻されるような

この気分はたしかにそのひとからくるのだと

いまさらながら思ってはみても

いまここの記憶を失いつつある母の姿を

遠い記憶だけがやけに鮮明でそれでいて

それもまた幻のように去っていき

残されたときは深まる秋の季節のように

早々と暮れていく気配を感じつつ

互いにもっといつくしむことはできなかったのかと

胸にこびりついた自責の念とともに

過ぎ去った日々を想う。

草生した庭にりんりんと響き渡る虫の音は

満月に近い月の光にとけてこの世のものとは思えず

思いのほかあの世はこの世と近いのだと感じる。

あの世とこの世のはざかいで

切り立った尾根を歩くようにようよう

ふらつきながらも均衡を保ってきたかにみえる

あのひとのこころのうちをわたしは

思いやることもできずにいるが

かくも長き年月を経てなお惑いつつたゆたう

そのひとの哀しくもある幽鬼のような姿に

幸不幸などとおに通り越した生きるということの

すさまじさのなかににじみ出たかすかな尊厳の光を

わたしはみる。

誰もが強くもあれば弱くもあり

だからこそこのようにしかありえなかったのだと

そしてこのようにありえたことがそれが

すべてでありそれでよいのだと識る。

evening_201510121845356c4.jpg







関連記事

秋の想い 母の友達

続きを読む

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

真夏の夜のメランコリー

ばりっと音がして

胸がはりさけた。

朽ちた扉の向こうに

花園の輝きを垣間見ながら

沈んでいく後悔の沼地

のしかかる幾多の記憶が

あり得たはずの幸せの写し絵を

押しつぶし打ち砕く

息も絶え絶えに赦しをこいながら

沈んでいく沼地の底に

悔恨を抱えた魂の

永遠に眠ることのできぬ

恐怖があるのを知る。


それこそがわたしの罪


望んだわけでもなく

ただ求めるものを

つかみ損ねただけだと

思っていた

わたしの罪ではないと

思い込んでいた。


それこそがわたしの罪


はりさけた胸の痛みに

記憶のループがまとわりついて

後悔の沼地の底に

沈んでいきながら

わたしはわたしの罪から

逃れられない。

後悔の沼地に沈みながら

垣間見た他人の幸福が

なおさらはりさけた胸に

塩を塗るような痛みをもたらし

それだけではなく

他者の不幸ですら

それすら祝福のうちに

あるように思えて

わたしは祈る言葉さえなくし

どこまでも沈んでゆく。


神よ、わたしはどうしたら

救われるのか。

20150730.jpg



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ねじばな

遠い記憶のなかで

「踏みにじられた」という

思いがあって

だからこそ愛を拒絶する。

あまりにも無邪気な心は

知らずに傷つき

あまりにも傷ついた心は

知らずに愛を

受け入れなくなっていた。

傷つくのが恐いからではなく

すでに傷ついてしまったという

それは遠い過去の記憶。

だから、わたしは

ねじれたままに咲く

咲かずにはいられない

乾いた5月のさわやかな風が

いくらかメランコリックな

湿り気を帯び始めたころに。

わたしは人知れず

咲く

咲かずにはいられない

それがわたしの無邪気さ

再び、踏みにじられることが

あっても何度でも

咲かずにはいられない

それがわたしの息吹。

もしかしたら、あの人は

わたしのことを

踏みにじったことすら知らずに

通り過ぎたのかもしれない。

わたしがここに

咲いていたことすら

知らずにただ

通り過ぎて行っただけ

なのかもしれない。

記憶のなかから

あの人の面影は失われ

灰色の霧のように

散っていった。

「踏みにじられた」という

記憶も忘れ

わたしは再びよみがえる。

やがて夏草に覆われる

土のなかから

わたしは何度でも

よみがえる。

IMG_3266_20150614140057a28.jpg
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

かくも長き歳月に


小走りに行く犬の

細いリードに曳かれながら

あの人は痩せた肩越しに

軽く会釈をした。

かくも長き歳月

生きながらえたことを

恥じるかのように

弱々しい微笑が

あの人とわたしの間の

舗道を埋める。

わたしの持たないものを

あの人ははじめから

手に入れていた。

なのに、奢らず、誇らず、

質素なふだん着姿で

あの人はいつも静かに

笑っていた。

わたしの上にも

あの人と同じだけの

歳月が刻まれたはずが

あの人の残した含羞は

わたしの胸にじわっと

悲しみに似たシミを

にじませた。

かくも長き歳月

生きながらえたことの

そのむなしさに

人生の流れに馴染まぬ

脂のような自我を抱え

流れのなかを浮遊しつつ

わたしは

珍しくも

他者の幸せを

祈ってもみる。

FullSizeRender_20150504153501d30.jpg

写真はこの詩の内容と関係ありません。






関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

春は何処に。

朝はもうとうに始まっているのに

まだ昨夜の匂いのする人いきれが

いくぶん疲れの入り混じった欲望とともに

この街の隅々に吹き溜まっている。

昨日の夢は色あせた桜の花びらのように

生暖かい春の雨に濡れながら

職場に急ぐ人々の足元に溶けてゆく。

ざらついた目の奥に

後悔という名の過去の残像がこびりつき

胃の腑を重く沈ませる。

開店したばかりの花屋のスタンドには

不自然なほどの青をにじませた

切り花が一束挿してある。

それはまるで葬列の花輪からこぼれ落ちた

人造花のようにどこか不吉で

不穏な予感をかきたてる。

密かに葬られたのは誰なのか。

真冬の外套を羽織ったまま

湿った高架下にくずおれていた

ホームレスか。

それともわたしか。

春をたたえる言葉をなくしたまま

この街で朽ちてゆくわたしなのか。

足早に行きかう人の顔が白く濁り

街にアノニマスが充満する。

cherryblossoms.jpg

関連記事

春風よ 

小鳥たちがさえずり

草木が萌える。

風はやさしく

花びらを揺らす。

あのころ

希望はまだ

自分の名さえ知らず

縦横に駆け巡った。

朝にやんだ雨が

麦の穂を濡らしながら

日の光に暖められて

一面に白く立ち昇る。

春風よ 

忘れないでおくれ

青々とした草の匂いのする

あの希望を

それはいまも

この腕の中にある

ふたたび羽ばたくことを

夢見ながら。

復活祭

復活祭おめでとうございます。

※画像をクリックしてください。はがきサイズです。










関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

春の憂鬱

その絵の中には人がいない、

人を描けと教師が言う

人を描けばこれは

わたしの世界ではなくなるのに

教師は生徒の心を壊す

常識という名の外套をまとい

自分は傷つかないようにして

人を描けばこれは

わたしの世界ではない

世界とはわたしの世界

わたしの世界はわたしの世界

人に踏みにじられることのない

わたしの世界

なのにある日突然に

その世界に人の姿があって

母だの、父だの、

おじだの、おばだの、

幼稚園の友達だの

先生だの

近所の人だのが

ずけずけと

わたしの世界に入り込んできて

せっかく芽吹き始めた

柔らかい草を踏みにじる

わたしの世界は

人の吐息のたちこめる

荒野になった

風の気配はどこへ行った

わたしをここに運んできた

風はわたしを置き去りにして

春の向こうへ去って行った

残されたわたしは

踏みにじられた荒野にころがる

砕けた岩のように

こころを頑なにして

息をひそめる

雨よ、雨よ、春の雨よ

わたしの心を潤して

もとの世界に

連れ戻しておくれ

人に踏みにじられたことのない

あの世界へ

なつかしいあの世界へ

教師が近づいてくる前の

あの風景画の世界へ

わたしがわたしであった

あの世界へ。

yamabuki_20150329183720ac5.jpg
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

四旬節の憂鬱 もしくはサタンの誘惑


なにか嫌なものを引き連れてそれは

前から知っている女のふりをして

近づいてくる、

横目で様子をうかがいながら。

なにか嫌なものを引き連れてそれは

予兆のように電話を鳴らす、

無意味な言葉を呪文のように散らしながら。

ざらついた砂のような悪意が、わたしの

からだに憑りついて離れない。

わたしは内部から辱めを受け

闇の中に切れ込んだ渇いた淵で

恥辱のうちに踏みしだかれる。

なお生きていることの苦痛を感じながら

死んだ方がましなのではないかと思うが

この苦痛と恥辱を人に知られたくないという

ただただ見栄のために

死ぬこともできないとわかっていて

宙ぶらりんの状態で長らえる。

「こんなことなら、いっそ

地獄に堕ちたほうがましだ」

踏みしだかれながら

わたしは叫ぶ。



その叫びは、

邪悪な哄笑にかき消された。

「おまえはいったいここを

どこだと思っていたのだ」

擦れる金属音のようなその声を

耳にしながら、

わたしは堕ちてゆく、堕ちてゆく、

堕ちてゆく、

そのとき

目の奥に見えるかすかな光に、正気づき

そのものの正体を名指す。

闇の支配者、闇の王……

おまえの名は、サタン

     *

勝った、わたしは

勝った。

闇の淵から、

夜の街が浮かび上がる

美しくもないネオンの輝きが

狂気じみてはいるが

それもまた人の営み。

わたしはふたたび歩き始める

人ごみに紛れながら。

新宿


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

悪夢の日 The day of the nightmare

リアルな残酷と恐怖の動画が流れる

その同じPCから

リストの「愛の夢」第三番が聴こえてくる。

無残にも奪われた人の命に涙する黄昏どき。

外は凍てつき乾いた風が音を鳴らす。

憎しみに支配されたあの戦士には

かつて安らぎのときがあったのだろうか。

われわれはいったいどこへ行こうとしているのか。


愛の夢~リスト:ピアノ名曲集

愛の夢&ラ・カンパネラ~リスト名演集
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

逝ってしまった君を悼みながら

続きを読む

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

majikanakajima

Author:majikanakajima
やっとみつけた本当のわたし。自分探しはもうおしまい。ずっとまえからここにいる。わたしの名はメランコリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

そらのごきげん -想天流転-

ビーチサイドの人魚姫

月とあをさぎ

オムライスのある風景

夢想家ぼけみあんの独り言

全日本丸顔協会

より幸せになる為に
最新トラックバック
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR